Sustaina Station DaiDai

News Social Project

2021.05.24

百々染 MOMOZOME誰一人取り残さない社会 障害者 岐阜 環境にやさしく

百々染は、社会福祉法人いぶき福祉会「第二いぶき」の仲間たちが手がける、自然と季節とつくり手が絡み合うことで生まれる、世界にただひとつの色彩プロダクツ。

百々染は、社会福祉法人いぶき福祉会「第二いぶき」の仲間たちが手がけています。

散歩へでかけて草木や花を摘み、草木を分別し、それを煮出して染液をつくり、1枚1枚丁寧に染め上げるところまで、すべて。それぞれの仲間たちの日々の中で、その日にしか、その人にしかできない、世界に ひとつだけの色が日々生まれています。

百々染は、化学染料を使わないため、同じ色のストールは1枚も存在しません。それこそが、百々染の魅力だと思っています。移り変わる季節、過ぎていく季節の色を少しだけ切り取って、自然の色をそのまま布に閉じ込めているのです。

草木染めでは色止めや発色のために薬品を使うこともありますが、百々染はお酢やみょうばんなど下水にそのまま流しても問題のない薬品だけをつかった、人にも環境にもやさしい染め物です。

1995年に誕生した社会福祉法人いぶき福祉会は、障害のある人の活動や 暮らしを広げことに取り組んでいます。清流長良川の中流に広がる岐阜 市内にある15の事業所で、特別支援学校を卒業したばかりの人たちから、 90才近い人まで150名を超える障害のある人たちが利用しています。

ここでは、お菓子(かりんとうやマドレー運、ポン菓子)やジャムだけでなく、お米や野菜やお茶を作っている人もいます。フェルト細工や草木染めや紙漉きをしている人もいます。ひとりひとりが大切な「仕事」に取り組んでいます。

「いぶき」に通う人たちは、みんな知的や身体の障害があって、いろんな 生きづらさを感じている人たちだったりします。食事や移動といった、当たり前にできると思われることでもサポートを必要とします。気持ちを伝えたり、整えたりすることにも助けを必要とする人がいます。そんな方々が活き活きと活動できる場所でありたいと思っています。

「いぶき」では、障害のある人も地域で安心して当たり前に暮らせるようになることを願い、これからもそんな社会の実現に向けて挑戦していきます。

 

DaiDai Sustaina TV

百々染 MOMOZOME」社会福祉法人いぶき福祉会く

 

LINK

百々染 MOMOZOME

Sustaina Station DaiDai

  • About DaiDai
    • Concept
    • Shop Info
  • News
    • Product & Food
    • Social Projects
    • Events
    • Workshop
    • Information
  • Cafe Menu
  • Social Projects
  • Food Experience
  • For Contract
CLOSE