Sustaina Station DaiDai

News Social Project

2021.09.12

“つくる責任” 割れないタンブラーPlakira つくる責任 廃棄物削減 ゆらぎタンブラー 岐阜 PRODUCT サステナブルなものづくり SDGs

日本のモノづくりを支えてきた老舗樹脂成形メーカー石川樹脂が、SDGsの”つくる責任”に真摯に向き合い、一生使える、まるでガラスのようなタンブラーを開発しました。

石川樹脂工業は、SDGs12項目の”つくる責任”を果たすために、使い捨てではない、長く使ってもらえるモノづくりをスタートさせています。

昨今プラスチックに関する様々な議論が多くのところでなされされています。しかし、プラスチックには今もなお進化を続ける新素材が多く生まれており、使い捨てだけでなくあらゆる耐久材に使用され、社会を支えているのも事実です。プラスチックを活用することで、「環境負荷の低減・持続可能な社会の達成」を目指していくことができると信じています。

そんな想いのもと、トライタンという透明で美しく耐久性に優れた新素材樹脂と、金沢のクリエイター集団secca inc.(代表取締役:上町 達也、本社:石川県金沢市)による優れたデザインが出会い、Plakiraゆらぎタンブラーが誕生しました。新素材トライタンを使用したPlakiraは、ガラスのような透明度と優れた耐久性を備えています。

生涯割れない保証をつけることで、使い捨てではなく、生涯使っていただける商品、超ロングライフ商品だからこその環境負荷低減への思いを込められています。このような想いが評価され、2018年には「いしかわエコデザイン賞」を受賞しています。

 

PRODUCTS

樹脂だからこそのデザイン
口元が揺らいでいる造形は洗って逆さにして乾かした際に、中に空気がこもらない衛生的な機能から導き出されています。また、重ねて収納した際にもカップ同士に隙間ができるように、外側は真円でありながら、内側の形状が真円ではなく変形しています。ガラスの置き換えや真似でなく、樹脂だからできる価値を検討して生まれたデザインです。

革新的な新素材
トライタン(Tritan)を素材として採用しました。
この素材は、車で踏んでも割れにくい靭性を持ちながらも、中身を美しく見せる高透明度、漂白剤やアルコールにも侵されにくい高い耐薬品性、100℃の耐熱性、さらに環境ホルモンが一切含まれないため哺乳瓶にも採用されているほど安全性の高い、革新的な素材です。 アウトドアや洗面台などの滑りやすい状況、お子様が使う場面など、どのようなシーンにもおすすめです。

Designed in Ishikawa JAPAN
全ての製品の企画・製造を石川県で行っております。
金沢を拠点に先端3Dデジタル技術と伝統工芸技法の融合を追求するseccaと、創業50年を超える日本のものづくりを支えてきた老舗樹脂成形メーカー石川樹脂が出会うことで誕生しました。

 

LINK

Plakira https://www.plakira.com/

Sustaina Station DaiDai

  • About DaiDai
    • Concept
    • Shop Info
  • News
    • Product & Food
    • Social Projects
    • Events
    • Workshop
    • Information
  • Cafe Menu
  • Social Projects
  • Food Experience
  • For Contract
CLOSE