Sustaina Station DaiDai

News Social Project

2021.05.24

ロングライフデザイン 石田製帽天然素材 持続可能性 雇用創出 ロングライフデザイン 笠岡 岡山

明治30年(1897年)に創業した石田製帽は、長い歴史で培った製帽技術を継承した高品質なものづくりと、地元の岡山・笠岡での雇用を創出を目指しています。

石田製帽は、一貫してシンプルかつ美しいフォルムの帽子を追求している帽子メーカーです。

創業は古く、1897年(明治30年)に遡ります。創業の地は、現在も本社を構える岡山県笠岡市。瀬戸内海に面したこの温暖な土地で、長く農作業用麦わら帽子の製造に携わってきました。
日本では明治5年(1872年)に、麦稈真田(ばっかんさなだ)を作ったのが始まりとされています。麦を真田紐のように組紐状に編んだ麦稈真田はその後、品質改良をされ、政府から重要輸出品として生産を奨励されるまでになりました。岡山は、麦に適した気候により主要な産地となり、今の笠岡市を中心とした地域には、数多くの帽子工場が生まれました。

石田製帽は、長い歴史で培った技術を活かしつつ、シンプルで美しい、高品質なものづくりへと製造をシフトしていきました。製造卸から、製造者が販売までを一貫して行う製造小売へと転換していき、確かな成果を上げ、広く認知されるようになり、現在は四代目にあたる4人の兄弟妹が事業を引き継ぎ、緑に囲まれた静かな環境のなか、それぞれがデザインと縫製を手がけています。

石田製帽 は今後、若い人たちが働きたいと思う魅力の創造、帽子に関わる仕事で生活できる環境の提供、本物の知識・技能を身につけた人材の「継続的な」育成、長年培われてきた高度な縫製・製帽技術の継承、さらに地元である岡山・笠岡での雇用を創出していきたいと考えています。

 

PRODCUTS

石田製帽の職人である安藤裕也によって作られた帽子ブランド「Andy The Hatter」。
先人から学んだ知恵と技術、そして自然に対するレスペクトを込めて、麦わら、麻、椰子の葉などさまざまな天然素材のストローハットを作りました。

石田製帽のデザインの根底にあるものは、けっして主張しすぎないこと。ファッションであると同時に実用的なアイテムでもある帽子は、被り心地の良さがあって初めて本来の機能が発揮されます。そのため、石田製帽はまるでオーダーメイドのようにソフトで上質な被り心地を、彼らが持つ伝統的で高度な職人技をもって追求し続けています。

 

DaiDai Sustaina TV

「ロングライフデザイン 」石田製帽

Sustaina Station DaiDai

  • About DaiDai
    • Concept
    • Shop Info
  • News
    • Product & Food
    • Social Projects
    • Events
    • Workshop
    • Information
  • Cafe Menu
  • Social Projects
  • Food Experience
  • For Contract
CLOSE